概 要

1 養護老人ホームとは?

 老人福祉法第11条に規定する六十五歳以上の者であつて、環境上の理由及び経済的理由により居宅において養護を受けることが困難な方を、養護老人ホームの設備及び運営に関する基準(厚生省令第19号)第2条基本方針に定める明るく家庭的な雰囲気で地域や家庭との結び付きを重視した運営をする中で入所者の処遇に関する計画(処遇計画)に基づき、社会復帰の促進及び自立のために必要な指導及び訓練その他の援助を行うことにより、入所者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにすることを目指す施設です。もちろん入所者の意思及び人格が尊重され、常にその者の立場に立って処遇が行われます。


2 入所手続き及び費用について

 入所を希望される方は、居住市町村の社会福祉事務所(市役所、役場等)に御相談下さい。
 また、費用に関しては、本人及び扶養義務者の負担能力(所得額)に応じ、費用徴収(自己負担)が決まります。


3 龍宮荘の概要

 設置主体: 社会福祉法人 見附福祉会
 入所定員: 60名
 施設規模: 敷地=12,671.99u 建物=延床面積2,181.80u
 構造=鉄筋コンクリート造2階建


4 施設の移り変わり

 昭和32. 1. 5 社会福祉法人見附市社会福祉協議会の設立認可
 昭和32. 2. 1 県知事より「見附養老院」定員30名の設置認可(市内漆山町)
 昭和40. 4. 1 市内本明町へ移転改築、名称を「見附老人ホーム龍宮荘」と改称、定員40名に変更
 昭和41. 4. 1 増築、定員60名変更
 昭和55. 3.31 厚生大臣の認可を得て新しく「社会福祉法人見附福祉会」を設立、市社協より分離
 昭和55. 5. 1 社会福祉法人見附福祉会設立登記
 昭和55. 6. 1 県知事より養護老人ホーム「龍宮荘」の設置認可名称を「龍宮荘」と改称
 昭和63. 7.20 龍宮荘改築工事着工
 平成01. 3.22 龍宮荘改築工事竣工
 平成18.10. 1 特定施設入居者生活介護及び訪問介護事業の指定認可(介護予防事業含む)