特別養護老人ホーム   

 社会福祉法人見附福祉会3施設目の特別養護老人ホーム(60床)です。
「普段住んでいる住宅」をコンセプトに木造平屋建てで、木の温もりを感じながら自然の光を浴びることができる雰囲気を目指しています。
 長い廊下から眺められる「田んぼ」も9月中旬には稲刈りを終え、はざ干しの風景に変わりました。
 敬老会もボランティアの皆さまのお力を借りながら賑やかに過ごすことができました。
 10月13日(土)には「収穫祭」を予定しています。お時間がありましたら、施設においでください。

建物西側からのイメージ図です。


 ※おしらせ
  当施設では、洗濯の際に名前がわからない衣類を保管しています。
  10月中旬にはこれらの衣類をご覧いただけるように準備いたしますので、ご面会などの際にご確認いただければ幸いです。


     新特養のパンフレット   特養長期利用申請用紙   ケアマネジャー意見書

               特養長期利用申請用紙   ケアマネジャー意見書

パンフレット、入所申込書、介護支援専門員の意見書のPDFデータもしくはワードデータをご利用ください。
ワードデータを使用の際は必ずダウンロードをしてご利用ください。

平成30年3月24日、25日:特別養護老人ホームケアガーデン新幸の内覧会を開催しました。2日間で400人の方を超える多くのご来場を頂き、ありがとうございました。



玄関から中に入ると、このように奥行きのある廊下があります。ここからそれぞれのユニットに繋がっています。お部屋も明るく、日差しが入ります。

座ってお風呂に入れない方にも、このような特別な浴槽で寝たままでも入れます。
共同生活室はとても明るく、過ごしやすい環境を整えています。

平成30年1月19日:特別養護老人ホームケアガーデン新幸の建物引き渡し式が行われました。

平成30年1月:入り口にケアガーデン新幸の文字が設置されました。今月末には準備室の事務機能が新しい建物へ移ります。
       ユニットの名称も決まりました。平面図でご確認ください。

平成29年12月末:お風呂が設置されました。ご自分でお風呂に入れない方でも椅子に座ったまま入浴が可能です。

平成29年12月:外観の完成も間もなくのようです。共同生活ホールの洗面台が取り付けられました。居室のエアコンは各部屋ごとに温度設定をして使用します。
    
                             ◎放水ホースがついている防火設備も設置されました。災害に対する準備も確実に進んできました。

平成29年11月:厨房が出来上がってきました。
       ここで皆さんに提供する料理が作られ、台車に乗せて温かい食事が運ばれます。


平成29年10月:ホールや居室、トイレが出来上がってきました。全体的に光が入り込む明るい雰囲気です。

平成29年9月:北棟・中央棟・南棟それぞれが進行中。なかなかカメラ的に1枚に納まらないので合成してみました。

平成29年8月:南側の事務・厨房および生活ユニット棟(右側)と、中央棟・北棟も姿が現れてきました。

平成29年6月:南側の事務・厨房および生活ユニット棟(北側より撮影)。左側は現存棟。

平成29年5月:南側の事務・厨房および生活ユニットの基礎部分。

平成29年4月:雪も解けて順調に工事は進行中 (中央奥が現在の施設です)

平成28年12月14日:安全祈願祭