グループホーム (認知症対応型共同生活介護)  

 認知症グループホームは、認知症の方が小規模な生活の場で少人数(当施設では9人/ユニット)を単位とした共同住居の形態で、食事の支度や掃除、洗濯などをスタッフが利用者とともに共同で行い、一日中家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることにより、認知症状の進行を穏やかにしながら過ごしていただく施設です。
 認知症は、集団の中で、画一的にケアを受けていると、生活そのものがケアに支配され、自己が失われていくような不安を感じます。そうした不安を感じさせないように、認知症の方を生活を主役ととらえ、個々の生活を重視し、残された能力を最大限に活用できるような関わりを目指しています。
  グループホームユニット平面図
  


  見学等のお問い合わせは、お気軽にどうぞ。 TEL 0258−86−6775
  自己評価及び外部評価結果について